腐らない木で建てる家腐らない木で建てる家

会社概要会社概要お問い合わせお問い合わせ

腐らない木で建てる家。ハウスガードシステムとは腐れとシロアリ腐れとシロアリモデルハウスモデルハウス採用工務店一覧採用工務店一覧よくある質問よくある質問工務店の方々へ工務店の方々へ

ハウスガードシステムとは

HOME > ハウスガードシステムとは > 木造建築の権威による技術監修

木造建築の権威による技術監修

中島正夫先生による監修

中島正夫先生は、木造建築の権威として、数々のご活躍をなさっておられます。
また、ハウスガードシステムの監修を担当していただき、様々な面から貴重なアドバイスを頂いております。


中島正夫先生中島 正夫(なかじま まさお)
関東学院大学 建築・環境学部 教授
学位:博士(工学)
最終学歴:早稲田大学大学院博士課程修了
専門分野:建築材料および構法

《 研究テーマ 》
・木造建築ストックの長寿命化技術に関する研究
・信頼性工学に基づく木造建築物の耐久性法の開発
・木質建築物における建築病理学の体系化

主要著書
・『大規模木造建築物の保守管理マニュアル』共著…
  (財)日本住宅・木材研究センター(1997.1)
・『建築に役立つ木材・木質材料科学』共著…(株)東洋書店(1997.12)
・『木造住宅の耐久設計と維持管理・劣化診断』共著…(財)日本住宅・木材技術センター(2002.7)
・『英国に見る木造住宅長寿命化の条件』…住宅と木材 Vol. 127 No. 315(2004.3)
・『住宅と木材 Vol. 127 No. 315』(2004.3)
・『木造の長寿命化』…建築士 Vol. 153 No. 620(2004.5)
・『建築士 Vol 153 No. 620』(2004.5)
・『建築を知る -はじめての建築学-』…鹿島出版会(2004.11)
・『集成材建築物設計の手引き』(共著)…大成出版(2012.3)

中島先生からのコメント

住まいの確かな耐久性、安全性確保のために

温暖な気候に建つわが国の木造住宅では、何らかの水分が木材に作用することによって劣化環境が形成され、それが一定時間以上継続することで床や壁あるいは屋根の構造材に腐朽や蟻害が生じることになります。現代住宅の主流である大壁造の骨組では、内部の木材が下地や仕上げなどの材料によって雨水や結露水などの水分の作用から保護されている間は、腐朽菌やシロアリなどの生物による劣化は生じにくいものの、仕上げ材や下地材の経年劣化や故障あるいは設計、施工上の瑕疵によってそれらの保護システムが機能しなくなった場合には、水分、湿分の浸入が一旦生じると、それが木材周辺での劣化環境の形成につながりやすくなります。そのような場合でも、耐久力が高く、その耐久力が一定時間以上継続されるような材料を使用すれば、構造材そのものの補修、交換などのメンテナンスをする頻度が少なくなります。これは信頼性工学で言うところの「フェイルセーフ」にあたる考え方であり、このような万が一の場合を想定した措置をとっておくことが、建物の安全性、特に大壁のような内部が点検しにくい構造による建物の耐震性維持を図るうえできわめて重要になるのです。

現在、そのようなフェイルセーフを可能とするような材料の選択肢としては、ヒノキやヒバなどの耐朽性の高い樹種の心材を用いるか、木材保存剤を工場で一定以上の量と深さに加圧注入した木材を用いるかの2つがありますが、前者は現実的にはほとんど入手不可能か、入手できたとしても非常にコストが高いものになってしまいます。

したがって、加圧注入材で上記の条件を備えた材料があり、しかもシックハウス問題などの健康面あるいはコスト面でも支障のないものがあれば、それが有力なオプションになりますが、ハウスガードシステムはそのような要件を備えたまさに現代の要請にあったシステムと言えるでしょう。これからの時代は住宅長寿命化の時代とも言われています。それは主に資源、環境面などの社会的な要請にもとづくものですが、それ以上に個人が豊かになるうえで必要不可欠な条件です。

しかし、住宅が長く使われた結果、建物の耐久性、しいては耐震性に不安が生じ、居住者の生命を危険にさらすようなことになっては本末転倒です。居住者の安全、安心が確保されてはじめて、長寿命化も意味を持ってきます。そのためには、もっと木造住宅の物理的な耐久性を高める必要があります。これが、ハウスガードシステムのような高い耐久信頼性を持った材料、構造システムが広く必要となる所以です。

前ページ前ページ112233445566788991010111112121313次ページ次ページ

ページトップへ