腐らない木で建てる家腐らない木で建てる家

header_kaisya2a.pngheader_kaisya2a.pngheader_toiawase3.pngheader_toiawase3.png

ハウスガードシステムとはハウスガードシステムとは腐れとシロアリ腐れとシロアリモデルハウスモデルハウス採用工務店一覧採用工務店一覧よくある質問工務店の方々へ工務店の方々へ

よくある質問

HOME > よくある質問 > FAQ:シロアリについて

(1)シロアリの生態について

Q.シロアリとクロアリの羽蟻の見分け方で、一番のポイントは羽の形と言われましたが、実際色では分からないのでしょうか?

A.シロアリの羽蟻は、黒~茶褐色です。そのため、シロアリとクロアリの羽蟻を色で見分けるのは難しいです。シロアリとクロアリの外観の違いとして、羽の形、胴のクビレ、触覚の形があります。羽の大きさが前羽と後ろ羽が同じものは、シロアリ。前後の羽の大きさが違うものはクロアリとなります。また、胴がくびれていないものはシロアリ、胴がハチのようにくびれているのはクロアリ。触覚がまっすぐのびているのは、シロアリ。くの字に曲がっているのは、クロアリとなります。

Q.他の殺虫剤をまいても問題はありませんか?

A.他の防蟻剤を使用される場合には、事前にご相談下さい。

Q.住宅密集地と山、畑が近い所に家を建てた時、被害に遭いにくいのはどちらですか?山や畑が近いほうが虫が好むのでしょうか。

A.被害の遭いにくさに殆ど差はありません。特に、山や畑が近いからシロアリが好むということはありません。ポイントはシロアリが侵入しやすい環境かどうかということになります。

Q.クロアリが多く発生するところには、シロアリも出る可能性があるとこの前業者さんが言ってましたが、本当ですか?

A.シロアリが喰った木材の跡をクロアリが巣として利用する事もありますが、クロアリはシロアリを捕食するので、共存することはありません。
家の中でクロアリが発生したからといって、シロアリがいない、というわけではありません。

Q.シロアリが発生したときは、駆除してもらうのが一番ですが、気持ち悪いと思った場合はとりあえず熱湯を撒けば「死ぬ」と聞いたことがありますが、本当ですか?

A.イエシロアリはなんらかの措置を行っても、ほっておけばまた活動しますが、ヤマトシロアリの場合は、50頭から100頭の巣から女王と王が誕生し、また巣を作る、という習性があります。したがって、被害が1階天井まであったとした場合、その中間でなんらかの手を施すを、分巣して被害が広がるという可能性があります。

Q.ハネアリが2階に飛んで来ることはありませんか?

A.2階に羽アリが飛んで来る事は有ります。しかし、2階の屋根から侵入して巣を作ることはありません。何十万件の保険管理物件がありますが、雨漏りや水漏れなどの特別な例ではない限りは、2階から侵入したという被害物件は1件もありません。

Q.近隣で発生した白蟻による影響は考えられますか?

A.イエシロアリ、ヤマトシロアリは土中の見えないところを歩きまわります。 特にイエシロアリは巣から半径100メートル圏内が活動範囲と言われていますので、近隣で発生した場合十分被害にあう可能性が高まります。

Q.4~6月頃にシロアリ被害が多いと聞いたことがありますが、本当ですか。

A.この時機は、羽蟻がよく飛ぶため目にする事が多く、シロアリがたくさん出てきたように見え被害も多い様に思えます。しかし、本当は白蟻は年中活動しており被害は受けつづけています。確かに、温かくなってくる時機からシロアリの活性が上がってくるためと、被害速度は早くなります。

Q.シロアリが死ぬ温度、湿度は有るのですか?

A.北海道の一部は別として日本で我々が暮らす気温と湿度であれば、シロアリも生活可能です。

Q.シロアリはどういう状況で活動するのでしょうか?

A.じめじめとした時期(梅雨時期)に活性が高くなり活動が活発になります。ですが、冬場は全く活動しないとか死んでしまうというわけではなく、冬場でも活動は遅くはなりますが、活動しています。一年中を通して活動し、被害を出すものと考えていただきたいと思います。

Q.シロアリが羽蟻になって巣から飛び立つと言っていたが、シロアリはいなくなるのですか?

A.いえ。そうではありません。あくまで分家をつくるわけですから、そこにいる女王蟻が死ぬか、餌がなくなるまで存在します。

Q.畑が近くにあるのですが、白蟻がやってくる可能性はありますか?

A.畑にシロアリが現在居れば入ってくる可能性はあります。

Q.もしマイトレックACQ処理液に耐性をもつシロアリが存在した場合の対策はありますか?

A.勿論その場合には、薬剤を改良し、効力のあるものとします。

Q.シロアリはコンクリートも穴をあけるのですか。

A.業者によってはかじると言うとこともありますが、シロアリ対策協会も試験を行っていますが、コンクリートをかじって穴をあける事はありません。食い破るは間違いです。クラックなどのすき間を通って被害を与える事があるでその事を「かじった」と言うのでしょう。

Q.シロアリは土壌利処理で防蟻すると、隣の土地に移ってくるときいたのですが、本当ですか?

A.シロアリは至るところにいます。予防工事をされたお宅には当然近寄らないので本当です。

Q.ハネアリが飛んできて2階に巣を作ることがあるのではないですか。だとすれば、2Fも注入材を使用する必要があるのではないですかか?

A.ハネアリが飛んできて巣を作る可能性はシロアリの水分補給源がないと乾燥して死にますが、補給源がなければ死にます。  雨漏りなどの心配があれば工務店さまにご相談ください。

Q.シロアリ以外の害虫に効果はあるのですか?

A.キクイムシにも2種類あり 木材をエサにするものにはききます。穴を開けるだけのものは効きません。

(2)シロアリの侵入について

Q.シロアリは基礎の開口のところから侵入してきますか?

A.換気口から侵入することはありません。シロアリは光や風を嫌うという性質から外部の基礎から這い上って侵入することはありません。基本的には、配管部の立ち上がりや、水抜き穴などの床下のに光が入らない、風も通らないような場所から這い上がります。 外壁に物を立てかけていたり、物置を置いたり、植木鉢を置いて日影を作ったりすると、シロアリが侵入しやすい環境を作るのでお気をつけください。

Q.風水で土間コンに穴を空けたほうが良いと言われたが、シロアリは侵入しますか?

A.入ってくる可能性はあります。白蟻は0.6mmの隙間があれば侵入できると言われています。空けるのはお薦めしません。

Q.べた基礎では白蟻が侵入しないのですか?

A.ベタ基礎でも白蟻の侵入します。なぜならシロアリは0.6ミリの隙間があれば侵入できるといわれています。べた基礎でもその隙間を100%埋めることはできない、という実験データも揃っています。ですから、べた基礎でも予防処理を行います。

Q.2階まで注入している物件がありますが、必要ですか?

A.2階からの白蟻の侵入だけでなく、2階から水の侵入による腐れの発生を抑える事を考えているためです。もっと超長期で考えられているお客様は、全てをメンテナンスフリーにするためにされています。

Q.長期優良住宅で配管がフレキシブルとなり蛇腹状で外部基礎立ち上がりに沿わして住宅内部に入れるような形になるが、白蟻の侵入の可能性はありますか?

A.配管部分に防蟻処理を行っているので、シロアリの侵入はありません。

Q.無処理材についた白蟻が、加圧処理木材に移ることはないのか?

A.単に移動することはありますが、加圧処理木材が食べられることはありません。

(3)シロアリの被害について

Q.住んでいない住居の風呂に羽アリらしき虫が、決まった次期にいるのですが。どうすれば良いですか?

A.5月初めから7月にかけて白蟻の羽蟻は飛びます。同じ時期なら白蟻かどうかの判断が必要です。ハネが付いているなら、ハネの大きさ、触覚を。胴がくびれていないか、この3つをみてください。それが白蟻であれば、風呂場に白蟻が被害をおよぼしている可能性があります。

Q.どんな木材にシロアリつきやすいか。どんな場所に発生、どんな土地が危ないのでしょうか?

A.あります。鉄の上をつたって木材を食害します。

Q.鉄骨に挟まれた部分に木材があった場合、食べられる可能性はありますか?

A.被害の遭いにくさに殆ど差はありません。特に、山や畑が近いからシロアリが好むということはありません。ポイントはシロアリが侵入しやすい環境かどうかということになります。

Q.シロアリに多少なりとも食われている部分の応急処置方法を教えて欲しい。

A.お施主様での応急処置は専門的であり難しいです。すぐにシロアリ駆除の業者に連絡して対応することをお勧めします。

Q.乾燥した状態の建て方であれば、蟻には食われないという説明(布基礎、床下に温水のパイプを通す)をした業者がいましたが、正解ですか?

A.乾燥した状態でも被害はおこります。それというのは、シロアリは土壌と住宅を行き来することで水分を運ぶので、関係ありません。



(4)シロアリ被害の予防について

Q.シロアリ薬剤は処理しないほうが良いのではないですか?

A.物理的処理(薬剤を使用しない防蟻方法)だけでシロアリの侵入を阻止する方法もありますが、100%完全に止めることは難しいので薬剤処理も必要と考えています。ただ、薬剤使用量を必要最低限にするための処理方法を実施しています。

Q.粒状の防蟻薬剤を穴に埋め戻しても効果はありますか?

A.もちろん有ります。そこに目一杯入れていただければ入って来れません。ですが、仮に処理される場合は専門の業者へ一度相談下さい。

Q.基礎パッキン工法であればシロアリの心配がないと言われているからその方が良いのでは?

A.基礎パッキン工法そのものには防腐防蟻の性能を持たせて有りません。基礎パッキンを使用する事で床下の通気を良くし、湿気の籠もる事を防ぐ環境を作る事で、白蟻の好む生活環境を作らない様にする事です。イエシロアリの様に自分で水を運び食害する事の出来るシロアリには通用しません。

Q.床下送風による防蟻が可能と言われているが、効果はどの程度あるのですか?

A.床下送風で床下を換気させるだけでは、効果はありません。

Q.何故マイトレックACQ処理液をシロアリが避けるのかが判らない。

A.有効成分である銅と塩化ベンザルコニウムが効いているためです。ACQ処理材は安全性が高いため、シロアリも最初はかじりますが、ダメと判断した時点で食べなくなります。

Q.法隆寺の木材は1000年前のものを使用していると言われていますが、その当時のシロアリ対策はどのようなものですか?

A.昔のヒノキは樹齢の長い丁寧に間引きされ木材であり、また中央の心材部分のみを使用しています。さらに屋根も大きく雨が掛からない。床も高く、風通しも良いので防ぐための適正な条件で建設されています。また、定期的なメンテナンスも実施しています。

Q.一般の防蟻は、土台のまわりや1階のみしか塗っていない(小さな穴を開けて注入する)ようなのですが、シロアリが飛んできて、2階から柱などを食べることは無いですか?

A.2階にハネアリが飛んで来る事は有ります。しかし、ハネアリが2階に飛んできても、雨漏りや水漏れなどによって木が湿っている様な巣を作れる環境が無い限り、2階に巣を造ることはありません。従って、雨漏りや水漏れが無いかの定期的な点検をお勧めします。

Q.毒性が少ないのに、何故蟻に効果あるのですか?

A.主成分は、私たちは普段扱っているものですので、人間には安全といえます。シロアリに対しては、試験で実績があるように、この成分が有効ということです。

Q.全ての種類の白蟻に効果があるのでしょうか?

A.現在住宅で問題となっているシロアリの種類に対しては試験を実施しており、効果があることが証明されております。

Q.オールヒノキでも食べてしまうという事はわかりましたが、オール加圧注入材の場合はどうなるんですか?

A.加圧注入木材は100年もつのでシロアリ被害は問題ありません。

Q.腐れやシロアリに被害があった場合の対処方法を教えてください。

A.工務店の営業マンにご相談ください。責任もって信頼の置ける業者を紹介いたします。

Q.シロアリを発生させない為の方法について教えてください。

A.「シロアリを発生させない」事はできません。被害を起さないためには、定期的な点検とメンテナンスをおこなってください。

Q.床下に石灰まけばシロアリ被害が防げるといわれているが、本当ですか?

A.昔は湿気対策で撒いたようですが、石灰(炭酸カルシウム)には防蟻効果はありません。

Q.木に処理をしても土の中のシロアリに対してはどのようにするのですか?

A.木には加圧注入処理を行っていますが、基礎の部分にも防蟻処置をおこなっています。まずはシロアリの侵入を基礎からブロック!します。

Q.一般の処置業者(シロアリ駆除)は何処を選んでも一緒ですか?

A.信頼おける業者にお願いした方がよろしいので工務店さんにご相談ください。

Q.シロアリが断熱材も食べてしまう事の対処は?

A.定期的なメンテナンスを行う事で常に防蟻ラインを守っているので大丈夫です。

Q.シロアリが断熱材も食べてしまう事の対処は?

A.定期的なメンテナンスを行う事で常に防蟻ラインを守っているので大丈夫です。

(5)アメリカカンザイシロアリについて

Q.アメリカカンザイシロアリについて説明して欲しい

A.アメリカカンザイシロアリについては、NHKで放送され、反響がありました。ご心配されている方も多いかもしれませんが、心配する必要はありません。このアメリカカンザイシロアリは、30年も前から日本におります。昨日、今日、突然変異したシロアリではありません。一般的にいいますと、被害に遭う確立としては、断然普通のシロアリ、つまりヤマトシロアリ・イエシロアリの方が高いのです。その証拠に弊社の管理物件14万件中、アメリカカンザイシロアリの被害にあったお客様はいらっしゃいません。イエシロアリ・ヤマトシロアリの被害に遭われた方は残念ながらいらっしゃいますが。
また、一度被害に遭うとどうしようもなくなるというイメージがありますが、プロがしっかり点検し、薬を適材適所に施工すれば、駆除も可能です。
また、ハウスガードシステムで使われている加圧注入木材は、アメリカカンザイシロアリに有効ですのでご安心ください。

Q.2階に入れた家具に白蟻がいた場合(特に今話題のアメリカカンザイシロアリ)、2階の加圧注入処理をしていない木材はやられてしまうのではないのでしょうか?

A.加圧注入していない木材は被害の可能性はありますが、初めにその家具が被害に遭い、周囲に俵状のふんが発見されます。
まずは、お客さま自身で変化に気づいていただくことがカギです。早期発見で、住宅の被害から守る事ができます。

Q.アメリカカンザイシロアリといのうがいるとテレビでやっていたが大丈夫でしょうか。処理していない箇所にも入る可能性があると言っていたが大丈夫ですか。

A.加圧注入処理している木材は大丈夫です。可能性はないとは言えませんが、食べられる木材が少なくなり可能性は低くなると思います。

Q.外来種のシロアリに効きますか?

A.おそらく最近テレビなどで取り沙汰されているアメリカカンザイシロアリのことを仰っていると思いますが、それは日本に居るシロアリとは習性が違い床下からの侵入ではありません。  乾燥した木材に着き、輸入の家具などから発生するので、マイトレックACQ処理木材には食べませんが、例えば処理していない床板から拡がるケースがあります。


(6)その他

Q.シロアリ以外の害虫によって、木材が食べられることはありますか?木くい虫が出るのですが。

A.木の種類とムシの種類によって、食害を受けるのはさまざまです

Q.マイトレックACQ処理液に耐性を持つシロアリは日本に限らず、存在しますか?

A.現在試験されているシロアリでは、耐性をもつシロアリは確認できておりませんので、現時点では存在しないと思われます。


前ページ前ページ11233445566778899101011111212次ページ次ページ

ページトップへ