腐らない木で建てる家腐らない木で建てる家

header_kaisya2a.pngheader_kaisya2a.pngheader_toiawase3.pngheader_toiawase3.png

ハウスガードシステムとはハウスガードシステムとは腐れとシロアリ腐れとシロアリモデルハウスモデルハウス採用工務店一覧採用工務店一覧よくある質問工務店の方々へ工務店の方々へ

よくある質問

HOME > よくある質問 > FAQ:耐震性について

Q.何故『耐震性の維持』が可能なのですか?

A.20年、30年経過しても木材の耐久性が変化しないためです。

Q.阪神淡路大震災では、効果があったのですか?

A.阪神淡路大震災にはハウスガードは開発されていませんでした。この震災を教訓にハウスガードは開発されました。

Q.水廻りが悪い箇所や湿気が多い土地に『緑の柱』を導入したら強度や耐久性は落ちるんですか?

A.耐久性は落ちません。そういう場所でも頑張ってくれるのが緑の柱です。

Q.『耐震性の維持』ができなくなることがあるのですか? どのような要因があるのですか?

A.漏水や壁体内への水漏れなどで木材の腐れが発生した場合や、シロアリ被害にあった場合に耐震性能が低下します。

Q.発生してから考えても遅くないのでは?

A.発生をどうやって確認するのか。床下は点検を行えば発見しやすいですが、壁の内側は特に分かりにくくなっていると思います。気付いた頃にはもう手遅れ…という事にもなりかねません。

Q.シロアリや腐れの予防は、本当に必要なのですか?

A.シロアリ、腐れは日本中どこでも発生してもおかしくありません。シロアリや腐れの怖いところは、被害が目に見えないうちに進んでいる点です。

Q.地震に耐えた実績はあるのですか?

A.25年以上の実績はあります。

前ページ前ページ11223445566778899101011111212次ページ次ページ

ページトップへ