HOUSE GUARD SYSTEM
会社概要会社概要
お問い合わせ 資料請求お問い合わせ 資料請求
ハウスガードシステムとはハウスガードシステムとは
8つの特徴8つの特徴
開発・技術
よくある質問よくある質問
採用工務店一覧採用工務店一覧
工務店さま向け工務店さま向け

  薬剤の安全性

 加圧注入剤「マイトレックACQ」について

マイトレックACQ処理液は加圧注入処理で使用する薬剤ですが、薬剤=危険と思い込み、安全性を心配されるお客様がおられます。マイトレックACQ処理液の主成分「塩化ベンザルコニウム(BKC)」と「銅化合物」は、安全性が保証されている物質です。塩化ベンザルコニウムは医薬品で歯磨き粉やウエットティッシュ、洗濯用の柔軟剤、病院で使用する消毒液など、私たちの身近に存在するたくさんの商品に使用されています。また銅化合物は10円玉などの銅貨をはじめ、調理器具などに用いられており、非常に馴染み深い存在です。

マイトレックACQの薬剤に使われている一般製品の写真(銅コップ、歯磨き粉、ウエットティッシュ)

安全性を確認する商品

 環境に配慮した化学製品として表彰されました

2002年6月24日、コシイプレザービングの提携企業で、マイトレックACQ処理液の共同開発を行ったCSI(現バイアンス社)が、米国環境保護局(EPA)によって2002年グリーンケミカルチャレンジ大統領表彰が授与されました。「グリーンケミカル」とは、「人にやさしく、環境に配慮した化学製品」といった意味です。ACQの原料はリサイクルのスクラップ銅から抽出され、製造・輸送・使用・廃棄における有害物の汚染が防げることで、新しい世代の防腐薬剤だということが紹介されています。

2002年グリーンケミカルチャレンジ大統領賞の受賞を受け取っている写真

グリーンケミカルチャレンジ大統領賞

 マイトレックACQ処理液のLD50値(経口毒性調査)について

ラットを使った経口毒性調査
化合物 ラット経口(LD50)
砂糖 29,700mg/kg
マイトレックACQ処理液 29,000mg/kg
食塩 4,000mg/kg
ヒノキチオール 781mg/kg
カフェイン 192mg/kg
カプサイシン 75mg/kg
ニコチン 3.3mg/kg

右の表は、ラットを使った経口毒性調査・LD50値でマイトレックACQ処理液を他の様々な化学物質と比較したものです。LD50値とは急性毒性を表す値で、体重1kgあたりどのくらいの量を摂取するとラットの死亡数・生存数が半々になるかという調査です。1kgあたりに摂取した化合物の値が小さくなるほど、危険性が高いといえます。
この表でまず理解して頂きたいのは「砂糖にも毒性がある」と言う事です。ではマイトレックACQ処理液はというと、砂糖とほぼ同等の値を示しています。勿論「食べ物」と「薬剤」を同じに比べる事は出来ませんが、LD50の数値だけで比較すれば砂糖と同じ毒性の強さということです。
何が言いたいかと申しますと、薬剤だから毒だと言わずに、どれくらいの量でどの様に使えば安全に使用できるかを理解いただきたいと思います。 つまり、「安全性とは使われる量と使い方」によるという事です。本当に薬剤がダメと言うのであれば、シャンプーや石鹸や歯磨き粉も使えません。いくら自然物配合の化粧品でも毒性があります。だからと言って、正しい使い方であれば、普通は体に害があるわけではありませんよね。 もう一度いいます。 「安全性とは使われる量と使い方」によるという事です。

前ページ前ページ
11
22
33
4
55
66
77
88
99
1010
1111
1010
次ページ次ページ