腐らない木で建てる家腐らない木で建てる家

header_kaisya2a.pngheader_kaisya2a.pngheader_toiawase3.pngheader_toiawase3.png

腐らない木で建てる家。ハウスガードシステムとは腐らない木で建てる家。ハウスガードシステムとは腐れとシロアリモデルハウスモデルハウス採用工務店一覧採用工務店一覧よくある質問よくある質問工務店の方々へ工務店の方々へ

腐れとシロアリ

HOME > 腐れとシロアリ

腐れとシロアリ

木造建築において大きな驚異となるのが「シロアリ」と「腐れ」。
ここではその仕組みや発生のメカニズムについてご紹介します。

シロアリについて1

シロアリとは?

白「蟻」と名がつけられてはいますが、アリはハチ目の昆虫であるのに対して、シロアリは朽木などの植物遺体を食べるゴキブリの中から社会性を著しく発達させた系統の昆虫です。不完全変態のため、幼虫は成虫とほぼ同じ姿であり、ある程度成長すればニンフという段階を経て生殖虫となって巣外へ出て行きます。シロアリは木の幹に豊富に含まれる「セルロース」を栄養とする生物で、倒木などを土に還すため「森の分解者」と呼ばれ、自然界の食物連鎖においても重要な昆虫とされています。しかし、住宅業界においては、木造家屋などに棲みつき木材などを食い荒らす害虫として扱われ、その被害防止が家づくりには欠かせません。




シロアリの被害写真

シロアリについて2

シロアリの進入経路

シロアリの侵入経路図


シロアリは、主に床下や、玄関まわりから住宅に入り込んできます。シロアリによる食害は、日本全国どこでも起こります。シロアリ被害が発生すると、木材強度が劇的に落ち込み、木材を取り替えるしか修復方策はありません。長期に渡り食害を防止するには、薬剤を加圧注入した木材で建てるハウスガードシステムがもっとも確実な方法といえます。

 

シロアリについて3

シロアリの種類 (建築物に加害するシロアリは、日本では主にこの3種類です )

ヤマトシロアリ

ヤマトシロアリ
我が国では最も広く分府しており、標高の高い山岳部と酷寒地を除き全国どこでも棲息しています。土中や湿った多湿な環境を好む性質から被害は床下に多く、結露や湿気の多い建物では柱・梁はもちろん、天井まで被害が及ぶこともあります。コロニー内の個体数は2~3万匹。比較的寒さに強く6℃で活動を始め、12℃を越えると活発になります。逆に暑さに弱いので、高温期には地中や涼しい場所へ巣ごと移動します。

イエシロアリ

イエシロアリ
最も加害が激しいと言われ、木造ばかりでなく、コンクリート造の建築物、立木に対しても被害を及ぼします。大きな巣を建物内または樹幹内・地下などにつくり、蟻道で餌場へとつなげています。職蟻は水を運ぶ能力があり、被害は建物の上層部にまで及びます。
1つのコロニー内の個体数は100万匹に及ぶものもあると言われ被害速度も早いのが特徴です。ヤマトシロアリに比べ寒さに弱いためその分布は温暖地に限られます。

アメリカカンザイシロアリ

アメリカカンザイシロアリ
乾いた木材(乾材)中の僅かな水分で生育できるシロアリです。 アメリカから木材や家具の輸入によって日本に運び込まれてきました。土の中に巣をつくるヤマトシロアリやイエシロアリと違って、加害した木の中に巣(孔道)をつくり、 蟻道や蟻土を作りません。加害は建物下部材だけでなく、小屋組材までおよびますので、建物全体に被害が及びます。また、温度変化や環境湿度の影響を受けにくいとされています。

 

シロアリについて4

シロアリの被害

シロアリ被害を受けた木材右の日本地図をご覧いただいても分かる通り、シロアリ被害は北海道本土を除くどの地域でも見られます。主に床下から侵入し、柱等の木材への食害を起こします。つがいとなったシロアリがいったん巣を張ると、千数百個の卵を生み続けることで爆発的に大発生し、被害を拡大させてゆきます。木材、紙はもちろんのこと、プラスチック、ケーブルなどを食べることも有ります。



ハウスガードシステムのシロアリ対策ハウスガードシステムのシロアリ対策




都道府県別シロアリ被害率

腐れについて1

腐れとは?

木材の腐朽は、台風等による枝折れや昆虫やげっ歯類のかじり跡により樹皮が傷付いたところに、第一次寄生菌と呼ばれるカビの胞子が付いて繁殖し、次に第二次寄生菌として、木材に含まれる木材腐朽菌が繁殖することで生じる木材被害です。木材の腐朽している部分は、シロアリの被害を受ける可能性が高くなるといわれています。

腐れ被害写真

 

 

腐れについて3

腐れの被害

住宅や構造物の材料である木材は、腐朽により外見や強度が劣化し、木材の乾燥重量が腐朽により健全な状態の50%以下になると、木材の強度は見込めないといわれます。木材腐朽菌による被害は、床下、浴室や台所などの湿気の多い場所に多く、また木材を湿らせながら腐朽させる菌類も存在します。樹種により、腐朽に対する耐久力の差があり、ヒノキ、ベイスギなどは比較的耐久力が強く、アカマツ、ブナなどは耐久力が弱いとされています。

ハウスガードシステムの腐れ対策ハウスガードシステムの腐れ対策





腐れ被害(デッキ)

 

前ページ前ページ122334455667788次ページ次ページ

ページトップへ