腐らない木で建てる家腐らない木で建てる家

header_kaisya2a.pngheader_kaisya2a.pngheader_toiawase3.pngheader_toiawase3.png

腐らない木で建てる家。ハウスガードシステムとは腐らない木で建てる家。ハウスガードシステムとは腐れとシロアリモデルハウスモデルハウス採用工務店一覧採用工務店一覧よくある質問よくある質問工務店の方々へ工務店の方々へ

腐れとシロアリ

HOME > 腐れとシロアリ > 腐れ対策

腐れ対策

ハウスガードシステムによる腐朽菌・腐れ対策

加圧注入による防腐処理

ハウスガードシステムでは、加圧注入処理により、木材そのものが腐朽菌の栄養源とならなくなります。したがって、高温多湿の場所で腐朽菌が表面化してきても、栄養源がないため、腐朽菌が生存できません。これにより、木材の腐れは起こらない仕組みになっています。

一般的に防腐剤の仕組みは同じですが、ハウスガードシステムではこれらの防腐剤を表面からさらに深く、木材の細胞内まで浸透しているため、効果・効能が半永久的に継続します。


加圧注入処理

ハウスガードシステムによる防腐効果

写真は住宅の土台部分を写しています。左側部分は加圧注入処理を行った「緑の柱」。右側部分は「防腐剤なし」の木材です。右側の未処理部分が
著しく腐れが起こっていますが、左側では腐れは全く起こっていません。


未処理の木材に腐れが見られる右側が防腐剤無しの木材、左側が緑の柱

腐朽の選択性試験

主要木材として、ヒノキ、ベイツガ、ベイヒバ、スギ、シベリアカラマツ、ホワイトウッド、ベイマツ、カラマツの未処理見本と「緑の柱」(マイトレックACQ処理品)をファンガスセラー室にて腐れの試験を行いました。「緑の柱」は、腐れが全く起こっていません。ヒノキも腐れは起こっていないように見えますが、その重量が著しく減っています。人間に例えると骨粗しょう症にかかっているようなものです。このように、一般的に「強い」とされているヒノキ、ヒバでも、腐れが起こるのです。


未処理材と「緑の柱」の2週間放置、防腐試験

前ページ前ページ112233445567788次ページ次ページ

ページトップへ