腐らない木で建てる家腐らない木で建てる家

header_kaisya2a.pngheader_kaisya2a.pngheader_toiawase3.pngheader_toiawase3.png

腐らない木で建てる家。ハウスガードシステムとは腐らない木で建てる家。ハウスガードシステムとは腐れとシロアリモデルハウスモデルハウス採用工務店一覧採用工務店一覧よくある質問よくある質問工務店の方々へ工務店の方々へ

腐れとシロアリ

HOME > 腐れとシロアリ > 耐震性を保つ耐力壁

耐震性を保つ耐力壁

耐力壁について

木造住宅における耐力壁とは、筋交いや構造用の木材で造られた壁です。耐力壁は地震や台風などの横方向からの力に耐えるとともに、年月による建物の変形にも耐えうるよう造られています。マンションの場合は、鉄筋コンクリートの壁がそのまま耐力壁となります。

阪神淡路大震災では、住宅倒壊の原因の一つとして、耐力壁の不足があったとされています。木造住宅の場合には、筋交いや耐力壁が無い場合には、地震、台風などによる横からの応力に脆くなることは明らかです。耐力壁は、住宅の重量も支える必要性から、2階部分よりも、1階部分により多く耐力壁が必要となります。

耐力壁の変形








耐力壁のイラスト

阪神淡路大震災から得た大きな教訓

左は、日本建築学会近畿支部が1995年9月に発表した「1995年兵庫県南部地震 –木造建物の被害-」からの抜粋です。

木造家屋被害に対する構造部材の蟻害・腐朽による劣化の影響
大阪市立大学生活科学部 土井正・宮野道雄・北本裕之
パシフィックコンサルタンツ ㈱ 総合研究所 呂恒倹

(132ページ)
3.5 東灘区の調査地域の蟻害・腐朽について
本震災において、多くの緊急調査が実施され、マスコミ報道を含め、「老朽化」した木造家屋の倒壊が多く指摘されているが、主要耐力を受け持つ軸組み構造部材である木材について「老朽化」と一言で表現するのは適当ではない。木材の「老化」とは材質の長時間における物理化学的な変化であり、「朽」とは腐朽菌による腐朽やシロアリ等の食害すなわち生物変化に他ならない。木材の物理化学的な変化は紫外線や熱により促進されるが、きわめて反応速度は遅く、とりわけ屋根や内外壁で被われる構造部材においてはほとんど無視し得るものである。一方、腐朽菌やシロアリによる生物劣化は「老化」に比べて進行速度が著しく速く、また強度低下も大きい。多くの場合、その発生は前後するものの腐朽と蟻害は同時に同じ家屋に認められることが多い。




倒壊した木造住宅の調査・神戸市東灘区

 

ハウスガードシステムは、耐力壁の耐震性能を維持します。

耐力壁は、単に設計施工するだけでは、その価値は半分にも満ちません。耐力壁の品質を長期間保ち、いつ来るか分からない地震、巨大台風に備えることができればようやく一人前といえます。

一番の問題点は、耐力壁は「壁の中に隠れている」ことです。「隠れている」木材が、シロアリや腐朽菌に侵食されていても、壁を破って確認しない限り、状況が分かりません。例え、侵食されていることが分かっても、多額の修繕費用がかかってしまいます。「侵食されていても、隠れて分からない」壁が、時限爆弾のように地震を待っている状況は、何としても避けたいものです。

ハウスガードシステムでは、耐力壁の1階部分すべてに『緑の柱』を使います。『緑の柱』を使うことで、シロアリや腐朽菌に侵食されることにより発生する、耐力壁の強度劣化が、起こりません。
「長持ちの家」が実現します。
正に「見えないところ」へ「保険をかける」のが、ハウスガードシステムが主張するところです。

ハウスガードシステムの耐力壁

 

前ページ前ページ112233455667788次ページ次ページ

ページトップへ