腐らない木で建てる家腐らない木で建てる家

header_kaisya2a.pngheader_kaisya2a.pngheader_toiawase3.pngheader_toiawase3.png

腐らない木で建てる家。ハウスガードシステムとは腐らない木で建てる家。ハウスガードシステムとは腐れとシロアリモデルハウスモデルハウス採用工務店一覧採用工務店一覧よくある質問よくある質問工務店の方々へ工務店の方々へ

腐れとシロアリ

HOME > 腐れとシロアリ > 耐力壁の耐久性

耐力壁の耐久性

耐力壁の素材別、耐久性能の実験

構造に必要な耐力壁の木材が違うと、耐久性能がどのように違うのか?
ハウスガードシステムの「緑の柱」を使用した耐力壁とヒノキの芯持ち材(無処理材)
を使用した耐力壁の耐久性能を比較しました。

加圧注入木材を用いた長寿命住宅仕様書

関東学院大学副学長 中島正夫 日本木材防腐工業組合平成21年】使用した試験体

ヒノキ芯持ち材、ハウスガード処理材の比較弊社ファンガスセラーでの試験体設置風景 筋かい耐力壁と面材耐力壁

耐力壁の素材別、耐久性能の結果

筋かい耐力壁

ヒノキ芯持ち材による耐力壁は最大変位が大きく、剛性が維持されていません。
それに比べてハウスガード処理材による耐力壁は、最大変位が小さく、剛性がたもたれています。
これは無処理だったために土台・柱部分が腐朽し軸材としての強度を低下させていたのに加えて、
接合金物を固定していたビスの保持力を失ったことが理由として挙げられます。

ヒノキ芯持ち材(無処理)木材が腐った影響でビスが抜けました。

ハウスガード処理木材(ビスがしっかりとついて、耐力が保持されています。)

耐力壁の素材別、耐久性能の結果

面材耐力壁

ヒノキ芯持ち材による耐力壁では釘を保持すべき木部が腐って保持力が低下していること、
逆にハウスガード処理材の場合には、土台・柱などの釘を保持する木部が充分保存されているため
に最大荷重が増大したものと考えられます。

ヒノキ芯持ち材(無処理)合板からほとんどの釘が抜けています

ハウスガード処理(合板から釘の抜けが少ない)

まとめ

耐震性能に必要な耐力壁に腐れが発生すると、工法に関わらず「耐力が劣化する」といえます。
どんなに良い工法や金物を使っても、構造材が腐っては、充分な耐力は保持されません。

前ページ前ページ112233445667788次ページ次ページ

ページトップへ