HOUSE GUARD SYSTEM
会社概要会社概要
お問い合わせ 資料請求お問い合わせ 資料請求
ハウスガードシステムとはハウスガードシステムとは
施工事例施工事例
木造の劣化対策
よくある質問よくある質問
採用企業一覧採用企業一覧
工務店さま向け工務店さま向け

  • HOME
  • >
  • 木造の劣化対策

現在考えられる最高レベルの建築資材

ハウスガードシステムで使用する腐らない、シロアリに食べられない木

腐らない、シロアリに食べられない

家の耐震性能を長期間保ち続けるには、家に使われている木材が腐らず、シロアリに食べられないこと。ハウスガードシステムで使われている木材は、薬剤で腐らなくしていますが、公共土木事業でも使われており、安全性、耐久性が実証されているため安心です。


ハウスガードシステムの腐らない木を野外に設置した試験。普通の木は1年でボロボロ、ハウスガードシステムに使う木は29年経っても被害なし!

野外試験結果

自社の野外試験場だけではなく、公的な機関との共同試験も実施しています。独立法人森林総合研究所との試験においては、雨風が強い厳しい環境においても、ハウガードシステムの木材は全く被害がありません。それに比べて何もしていない木材は約1年で被害にあっています。
(※2019年現在も試験継続中)


山奥でコンクリートの代わりに土木構造物として使われている事例(谷止工)

公共土木事業でも使われています

ハウスガードシステムで使われている木材保存技術は、高い安全性、耐久性が求められる、公共土木事業でも利用されています。小魚がいる水辺や山の土砂崩れを防ぐ構造物として全国各地に設置されています。

錆に強い金物

ハウスガードシステムで使用している錆に強い金物の写真

木材の固定には錆に強い金物を使用

ハウスガードシステムで建てる家には、腐らない木に加えて、木材を固定する金物にもこだわっています。錆に強い金物を使うことによって、新築時の耐震性能を永く維持することができます。※デュラルコートHGは、株式会社カナイとの共同開発です。
株式会社カナイ


金物の腐食試験結果写真

錆金物の腐食に対する耐久性試験

一般的な金物では大量の錆が発生していましたが、デュラルコートHGでは錆が発生していませんでした。※床下空間で約40年が経過したことに相当する空間で試験を実施

1棟ごとに高度な構造計算

ハウスガードシステムの上位仕様(Sシリーズ、SEシリーズ)では、許容応力度計算により、建物の重さ、建物に実際にかかる地震力、風圧力を計算し、耐震・耐風等級レベルを上げることを実現しています。(※標準仕様は対象外)


ハウスガードシステムのSシリーズ、SEシリーズで実施する詳細な構造計算「許容応力度計算」のイメージイラスト
 
簡易的な構造計算と詳細な構造計算「許容応力度計算」の計算項目の比較表